読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日への断片

ゲーム制作やプログラミング関する記事を中心に更新していこうと思います。

12欠片目:第1回ミッカソン終了~全ての事には意味がある~

 こんにちは。今日自転車で帰宅中、正面から来た同じく自転車のおっちゃんと、どっちに避けるかの一瞬の心理戦が繰り広げられ、無事敗北を喫したvoidです。おっちゃん強かった...

今日は、うん...反省会です。

結果発表

動画

宇宙っぽい背景に、弾を飛ばすプレイヤーと上から降りてくる敵たち...これはもう紛うことなきシューティングゲームですね!!




反省会に行きたいと思います。




反省会

点数:20点(100点満点)

実装できなかったもの

 ・効果音、BGM
  これは今回特に重要視するものではなかったので、時間の都合上省略しました。(ということにしました。)
 ・敵の弾及びパターン
  こちらは次の項にも関わってきますが、パターン分けをどこでどの様に実装するかの設計が甘かったため実装できませんでした。
 デザインパターン
  今回の主役であるはずの彼らを実装できなかったとは何事かと、突っ込みたくなる気持ちは抑えて頂き、自分なりの反省点を挙げていきたいと思います...

そもそもデザインパターンを理解しきれていなかった...

 デザインパターンは、ネット上のいくつかの記事を使って勉強していました。説明文やサンプルコードを読んで、多分こんなものだろうなと納得し、実際にプログラムで使ってみようというのが、今回のミッカソンの起点でした。
 
 しかし今回の制作を経て、「多分こんなもんだろうな」というあいまいな理解のまま使おうとした事がまずかったのだと思います。

成果

 今回のミッカソンの成果は、自分がデザインパターンいかに理解できていないかということを理解したという点だと思っています。全ての事には意味があるのです。無駄とかとかではないのです。

むしろそう思わなきゃやってられないですよ。

「ミッカソンで三日損」

とか、始めてこのPCに「みっかそん」って打って変換した時の誤字が「三日損」だった(本当にあった話)のが伏線だったとかそんなオチは多分求められていないと思うので...

もう一つの目標である「ゴールをぶれないようにする」は、まぁ達成だと思います。
(切羽詰まっててぶれる余裕がなかったともいう)

思わぬ収穫アリ

 今回の制作で思わぬ副産物がありました。
それは、[キーボードの同時入力数限界]です。


普通に文字を入力したり、ショートカットキーとして使っていると気が付かないのではないでしょうか。


今回の制作で、当初は矢印キーで移動、スペースキーでショットというキー割り当てだったのですが、ショットを打ちながら(スペースキー押しっぱなし)だとプレイヤーの斜め移動(横キーと縦キーの同時押し)がうまくいかず、プログラム的なミスだと思い何度か見直していたのですが、どうやらハード(キーボード)側の仕様らしいのです。
(学校の自習室で困っていたら先生がフラーっと来て教えてくれました)

詳しい仕組み説明はネットに載っていたのでぜひ調べてみてください。

というわけで、ハードによっては同じプログラムでもちゃんと動いたりするそうで。また、キーの組み合わせによっては3キー以上同時押ししても大丈夫なものがありました。最終的にこのゲームはWASDキーで移動、Enterキーでショットとい具合に落ち着きました。


どっと疲れた3日間

 精神的にも体力的にも結構消耗した3日間。3日って意外と短い...ということを痛感しました。
第2回ミッカソンに向けて(性懲りもなく続ける)、しばらくはデザインパターン等を勉強し、ちゃんと理解して、ちゃんと休んでおきたいと思います。ブログもしばらくはカジュアルな感じになると思います(多分)。
3日間お騒がせしました。ではまた!