読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日への断片

ゲーム制作やプログラミング関する記事を中心に更新していこうと思います。

69欠片目:心の距離~Distance Of The Hearts~

 こんにちは。最近また周りから、大丈夫?疲れてない?と心配してもらうようになったvoidです。何を以って「大丈夫」と断定できるか分かりませんが、多分大丈夫じゃないと思います。そろそろ病院案件かなー...

身体的に問題があるというより、恐らくは精神的な問題、およびそれに付随する形で発生する身体の不調と思われます。

パーソナルスペース

f:id:yasu-game-void:20170419000530p:plain

パーソナルスペースとは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことです。親密度の高い人ほどこのエリアは狭く、逆に敵対心を持っている人ほど広い、要は心の距離と物理的な距離のバランスの問題なのです。

例えば、電車(横に席がたくさん並んでいるタイプ)で、ガラガラのときに多くの人はすでに座っている人と1席分空けて座ったり、男性でトイレの便器を使ってる人と1つ空けて使ったりすることがそれだと思います。(心理学者じゃないので詳しくは分からないですが)



 以前のブログで、新環境に慣れないというお話をしましたが新環境のストレスの原因の一つはこれにあるのではないかと思いました。

 去年は隣の席の人との間隔が1m前後はあったのですが、新学期になって席の形が変わり、隣の席の人との距離が30~50cm程
になってしまいました。もちろん隣の席の人が嫌いというわけでは全くないのですが、どうやらこの距離の狭さがストレスに感じてしまうようです。かといってわがまま言うわけにもいきませんので、こればかりは慣れるしかないのです。人間は環境の変化に適応させ、慣れることで変化に耐え抜き、生き抜いてきた種族です。きっと、あと数日から数週間もすればコロッと慣れて、ストレスに感じることはなくなるのでしょう。

時間が解決してくれる問題と自分が解決しなければならない問題

 上記のような問題は恐らく時間が解決してくれる問題でしょうが、自分の手で解決させなければならない問題もいくつ抱えています。それについても書こうとしたら2000文字くらい突破しそうだったので明日に分割して書くことにします。

チーム制作も本格的に稼働したので、こんなところでくたばっているわけにはいきません。
今すべきこと、今できることをよく考えて頑張っていこうと思います。

本日は以上。ではまた!